グラドル吉野まみ、1stDVDで開脚&Tバック姿を披露 今日はこれを取り上げます

グラドル吉野まみ、1stDVDで開脚&Tバック姿を披露
マイナビニュース 4月26日(金)22時10分配信

(写真:マイナビニュース)

グラビアアイドルの吉野まみが、最新イメージDVD『秘密の時間』(3,990円 販売元:オルスタックソフト販売)をリリースした。

【拡大画像や他の画像】

TSUTAYAプリンセス2013では惜しくもグランプリに届かなかったものの、ファイナルに進出して総合ランキング7位と健闘した吉野まみ。2011年デビューとグラビアアイドルとしては芸歴はあるが、同イメージが記念すべき1stDVDとなる。昨夏訪れた沖縄の自然をバックに、これまで見せたことのないセクシーショットをたっぷりと披露した1枚だ。

清楚系タレントとして人気を博している吉野だが、初めてのイメージDVDにもかかわらずセクシーショットを惜しげもなく見せている。水着もビキニを中心に、Tバック姿も見せるなど、最大限に露出。特に野外でのシーンでは、ショートパンツを脱ぎ捨てると、バックススタイルでTバックの水着がお目見え。そのほかにも開脚を見せるなど、美肌と艶かしいボディーラインを満喫できる。セクシーさを増長させるのが、撮影会などで鍛えたポージングはもちろん、25歳ならではの表情だ。特にピンクの下着風水着を着用したベッドシーンは圧巻で、手ブラを見せながら妖艶な表情を見せている。

なお、同DVDの発売を記念したイベントが4月27日、東京・秋葉原のソフマップ モバイル館4階イベントスペース(13:00〜)で開催される。

吉野まみ(よしの まみ)

1987年12月12日生まれ。東京都出身。A型。身長161cm。スリーサイズはB81・W56・H89。2011年デビュー。日経CNBC『ケン・ミレニアム』のCMに出演したほか、フジテレビ系『ほめられてノビる君』に出演して話題を集める。TSUTAYAプリンセス2013ではファイナルまで残り、総合7位と健闘した。特技・趣味はアクセサリー作り、散歩、美容研究、ピアノ、早起き。

[マイナビニュース]

【関連記事】

まゆゆ似のグラドル岸谷優希、夜のベッドでスレンダーボディーが露わに!
元看護師の柏木美里、ナース服を脱いでアラサーならではの妖艶ショット
“最上ゆき”から改名した間宮夕貴、エロエロ女医&ナースで過激度MAX!
ヴィジュアル系バンドで活躍中の河合有理、ダイナマイトボディーが露わに!
妖艶グラドルの上杉智世、温泉宿でFカップバストと大人フェロモンがさく裂

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130426-00000184-mycomj-ent

タグ

2013年4月26日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:NEWS

<彼女がキレイな理由>広末涼子さん 筆記用具にこだわり 美容と健康のために「溶岩浴ヨガ」  今日はこのニュースについて

<彼女がキレイな理由>広末涼子さん 筆記用具にこだわり 美容と健康のために「溶岩浴ヨガ」
毎日キレイ 4月25日(木)20時43分配信

こだわりについて語った広末涼子さん

女優の広末涼子さんが人気グループ「SMAP」の稲垣吾郎さんと幼い娘を亡くす夫婦を演じた映画「桜、ふたたびの加奈子」(栗村実監督)が全国で公開中だ。“生まれ変わり”をテーマにした作品で、広末さんは一人娘を亡くし深い喪失感にさいなまされながらも、シングルマザーとして生きる決意をした女子高生との出会いによって“命の循環”を信じて立ち直ろうとする女性を演じた。30代になって演じる役の幅が広がってきて女優の仕事に「責任感と同時にやりがいを感じる」という広末さんに、こだわりのものや美容と健康のために心掛けていることについて聞いた。(毎日新聞デジタル)

【写真特集】広末さんの取材中の表情と「桜、ふたたびの加奈子」の場面カット

広末さんは普段持ち歩いているもののうち、筆記用具にはこだわりを持っているという。「書くことがこだわりなんです。書くのが大好きで、今はみなさんメールですけど、私はよく手紙を書くんです。いつも書いているのは普通のボールペンと蛍光ペンですね。カレンダーに仕事とプライベートで色分けして記入しています」と話す。ペンを入れているペンケースは「(劇場版アニメ「となりのトトロ」の)ネコバスのペンケースに入れています。このペンケースは2、3年前から持っていて、もう二代目なんです。修繕して使ったりしていたんですけど」とお気に入りで大切にしている。

食べ物や飲み物でこだわっているものは「飲み物は、朝、自分でジュースを作って飲んでいます。酵素入りで野菜や果物を入れて。小松菜や明日葉を入れて柑橘系の果物やイチゴ、リンゴなども入れて。青汁のような色になるんですけど、飲むとおいしいんですよ。寒い時期だとショウガを入れたりもします。食べ物は季節のフルーツや野菜などソラマメ、とか若竹とか、普通にスーパーに行ってそのとき売っている旬のものを食べています」という。

美容と健康のために最近やっていることは「溶岩浴ヨガ」だという。「私、速く走ったり、泳いだりするのが得意で、ゆっくりした動きは苦手なんですけど、溶岩浴だとゆっくりした動きだけれども汗をすごくかくので、発汗してすごく運動したような感覚になりますね」と体を動かしたことを実感するという。

前へ12次へ

2ページ中1ページ目を表示

【関連記事】

堀北真希さん 結婚相手の理想「分からなくなった」
本田翼さん こだわりはマンガ 健康には手作りジュースを
加藤あいさん「食べることが大好き」な肉食系 「BRAVE HEARTS 海猿」出演
稲垣吾郎 :広末涼子の「子供に感情移入できるんだ」にがっかり
「桜、ふたたびの加奈子」 “生まれ変わり”をテーマにした不思議な味わいの作品

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130425-00000007-maikirei-ent

タグ

2013年4月26日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:NEWS

谷中に木造アパートを改装した複合施設「HAGISO」−カフェ・美容室など /東京について

谷中に木造アパートを改装した複合施設「HAGISO」−カフェ・美容室など /東京
みんなの経済新聞ネットワーク 4月24日(水)17時43分配信

イベントのキュレーションを手がけるpinpin coさん、代表の宮崎晃吉さん、カフェの井原店長

谷中に3月9日、文化複合施設「HAGISO」(台東区谷中3、TEL 03-5832-9808)がオープンした。(上野経済新聞)

同施設はもともと「萩荘」という木造アパートで、昨春には東京芸術大学の学生たちがアートイベント「ハギエンナーレ2012」の会場として活用し、その後、取り壊される予定だった。「『ハギエンナーレ2012』が好評で、3週間の展示中に1500人の来場があった。そこで、このまま壊すのももったいないという話になった」とHAGISO代表の宮崎晃吉さん。その後、改装を行い「HAGISO」として生まれ変わった。

HAGISOにするにあたり、一級建築士でもある宮崎さんがリノベーションを手掛けた。「もともと真ん中に廊下を挟んで両側に個室がある中廊下型住宅だった。廊下は踏襲して、一方にカフェ、もう一方にギャラリーという左右で全く違う空間にした」という。

現在はギャラリー、カフェ、美容室、アトリエのほか、宮崎さんの設計事務所が入る。「ギャラリーの展示やイベントのキュレーションは、ここにアトリエを構えるpinpin coと一緒にやっている。美容室はもともと僕が通っていた方が独立して入ったもので、カフェはフェイスブックで店長を募集して手作りで始めた。『最小複合施設』と呼んでいるが、それぞれの目的で来た人が目的以外のものと出会い、偶然性が生まれる場所にしたかった」と宮崎さん。

「谷中は東京の中でもユニークな場所で、他とは違うことができる可能性を感じている。まずは地域に根ざし、地元の方にも存在意義を認めてもらえる施設にしていきたい」と意気込む。

営業時間は11〜23時。月曜定休。

【関連記事】

谷中のアパートで「最初で最後の」アート展−入居していた芸大生らメーンに(上野経済新聞)
谷中の人気ベーグル店「旅ベーグル」が5周年−開店前から行列も(上野経済新聞)
谷根千エリアで「不忍ブックストリートweek」−「一箱古本市」など(上野経済新聞)
谷中に和雑貨店「YUZURIHA」2号店−和菓子類の販売も開始(上野経済新聞)
HAGISO

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130424-00000053-minkei-l13

タグ

2013年4月24日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:NEWS

渋谷・桜丘町にカナダ発「ジュースゾーン」−国内1号店 /東京 今日はこれを取り上げます

渋谷・桜丘町にカナダ発「ジュースゾーン」−国内1号店 /東京
みんなの経済新聞ネットワーク 4月22日(月)22時24分配信

店舗外観。ファサード・内装ともに木目を基調に仕上げた

渋谷・桜丘町に4月24日、カナダ発スムージー・フレッシュジュース専門店「JUICE ZONE(ジュースゾーン)」の国内1号店「ジュースゾーン渋谷桜丘店」(渋谷区桜丘町、TEL 03-6416-1375)がオープンする。経営は飲食店経営のパブリス(文京区)。(シブヤ経済新聞)

【画像】 オーダーカウンターと7席を用意する1階

1997年にカナダで創業した同ブランド。桜丘店は20カ国・30店舗目となる。国内のフレッシュジュースやスムージー市場が「盛り上がってきている」ことや、「健康に良くておいしいものを提供する」という同ブランドのストアコンセプトに引かれ、日本国内での展開を決めた。コアターゲットとなる「健康や美容に興味があり、感度の高い」20〜30代の女性が多い、渋谷や原宿・表参道で出店地を探した。

店舗面積は1階〜3階の3フロア計55坪。席数は、1階=7席、2階=28席、3階=18席の計53席を用意。ファサード・店内ともに木目を基調に仕上げ、店内には壁面などにグリーンやオレンジを差し色で取り入れた。来店客が「くつろげる空間を目指した」という。

15種類用意するスムージーは加糖しないため、「果物本来の酸味」が味わえるほか、店内で作るノンファットフローズンヨーグルトを使うなど、カロリーを抑える。ベースとなるのはマンゴーやパイナップルなどのトロピカルフルーツや、かんきつ系フルーツ。日本オリジナルとして、豆乳をベースにした「アズキ」(ショート430円、トール490円、グランテ560円)、石垣島産のユーグレナ(ミドリムシ)を使った「ユーグレナ」(同480円、同570円、同680円)などもインアップ。

9種を用意するフレッシュジュースは、水や砂糖を使わず果物と野菜のみで作る。耕す木更津農場(千葉県木更津市)産の有機・無農薬ニンジンを使った「キャロットジュース」(ショート450円、トール550円)やニンジン・パセリ・セロリ・ホウレンソウなどを使う「デトックス」(同550円、同660円)ほか。いずれもオーダーを受けてから作る(提供までは約3分)。季節によりフレーバーは入れ替える。甘さを追加したい人向けに、天然甘味料「オーガニック・アガベ」(50円)を用意する。

そのほか、スペシャルティコーヒー豆を使うコーヒー(300円〜580円)、パニーニ(380円または480円)やラップ(1ピース260円、2ピース480円)、サラダ(280円〜480円)、フローズンヨーグルト(350円または440円)5月中旬発売予定)もラインアップする。想定客単価は550円前後。商品はテークアウトもできる。

昨年10月に来日した際、渋谷の「人の多さ、(中でも)女性が多い印象を受けた」という同ブランドを展開するFresh &Healthy Brands社ホセ・ルイス・エスキウェル副社長。「(日本人が)健康志向に変わっているこの時期に展開できるのはいい機会」とし、「日本で展開したいと思っていたので、夢がかなったという気分。私たちは成功するために来た。これまで日本で手に入れることができなかった商品を提供できれば」と意欲を見せる。パブリス窪寺克次社長は「自然そのものの味を楽しんでいただきたい」とも。

営業時間は8時〜20時。年間売り上げ目標は8,000万円〜9,000万円。数年以内に都内で10店舗ほどの出店を目指す。

【関連記事】

テーブル席で28席を用意する2階(関連画像)
スムージーは15種類を用意(関連画像)
カナダ発スムージー・フレッシュジュース「ジュース ゾーン」、渋谷に日本1号店(シブヤ経済新聞)
石垣に「ユーグレナ」アンテナショップ型カフェ−ミドリムシ入りメニューも(石垣経済新聞)
JUICE ZONE

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130422-00000067-minkei-l13

タグ

2013年4月23日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:NEWS

「天童よしみ」が蒸しタオルの下で感涙にむせんだ日 今日はこれを取り上げます

「天童よしみ」が蒸しタオルの下で感涙にむせんだ日
産経新聞 4月21日(日)13時28分配信

「大阪」を基準に活動を展開していきたいという天童よしみ(写真:産経新聞)

演歌歌手、天童よしみが新曲「ふるさと銀河」を発表した。昨年、デビュー40周年を迎えた天童にとって、41年目の今年はリスタートの年。新曲には「故郷の大阪に回帰して、また新たに積み上げていきたい」との思いも込めたというが、その意を強くする出来事が、実家のある大阪・八尾であった。天童が感涙にむせんだ大阪らしい人情話とは−。(古野英明)

■なぜか「理髪店」で

その出来事は、八尾の理髪店で起こった。美容院ではなく理髪店で、である。

「4年前に亡くなった父がなじみにしていたお店で、ちょっと顔を出してみようかと軽い気持ちで行ったんです」と天童は振り返る。

天童の訪問を受けた店主は大喜びし、美顔マッサージなど普段はしていない女性向けのサービスをしてくれ、以後、八尾に帰ると立ち寄るように。「私が行くと、気を遣ってほかのお客さんが入ってこないようシャッターをおろし、貸し切り状態にしてくれるんです。それだと商売にならないから悪いと思って、普通に営業してくださいと逆に頼みました」

そしてある日。いつものように美顔マッサージのサービスを受けていると、年配の男性客が来店。店内に流れる天童の演歌名曲カバー集を聴いて、店主にこう話しかけた。

「最近、こういう歌を歌う歌手、おらんよなあ」

かかっていた曲は、終戦を迎え、外地から船で帰ってきた復員兵を迎える歌「かえり船」(田端義夫、昭和21年)や、同じく終戦後、引揚船で帰ってくる息子の帰りを待つ母親の心情を歌った「岸壁の母」(菊池章子、昭和29年)など。男性客は「あのころは、こんな歌を聞いて、泣きに泣いたものや。新しいのもいいけど、こういう昔のいい歌も残してくれんと」としみじみと語った。

実はそのとき、天童は男性客の隣の席にいたのだが、まったく気づかなかった。「何しろ顔を蒸しタオルで覆っていたので…」。店主と男性客の会話を聞きながら天童は泣いた。蒸しタオルの下で遠慮なく、思い切り。そして、自分の道はこれだ、と思ったという。

■大阪人の反応を基準に歌手活動を

天童は和歌山・田辺で生まれ、小学生のときに大阪・八尾に移住。昭和47年のデビュー以降、東京と大阪を行ったり来たりの生活だ。

デビュー41年目を迎えるに当たって、天童は「東京暮らしの方が長くなり、友人も東京の方が多くなりました。でも私にとって、大阪は今でも『素』に戻れる場所。新たな歌手人生は、原点に戻ってスタートを切りたい」と意気込みを語る。八尾の理髪店での出来事で、意を一層強くしたという。

新曲の「ふるさと銀河」は、大切な人と別れて都会に出たけれど、紆余曲折(うよきょくせつ)を経てふるさとへ帰ることを決める−という内容。そんな女性の心情が綴(つづ)られた詞は、天童の大阪回帰の決意とも重なる。

「大阪の人は厳しい半面、いいものはいいと率直に言ってくれます。その反応を基準に音楽活動を展開していきたい」

関西でのコンサートは、6月12日の奈良・橿原文化会館、同13日の兵庫・あましんアルカイックホール、7月19日の大阪・枚方市民会館などを予定。10月には大阪・上本町の新歌舞伎座で公演が予定されている。

【関連記事】

拳あげてがんばろうより…歌手・石川さゆり、ほっこりできる歌を歌いたい
大月みやこ 女の生き方、歌に託し50年 秋に記念コンサート
歌ってほしいのは演歌? サラ・ブライトマン来日公演
幸子に「50年目の試練」 “紅白と騒動”でチケット売れず?
原田直之、新沼謙治が語る 歌に託す古里・被災地への思い
不況知らずTDL 独走の秘密は

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130421-00000511-san-musi

タグ

2013年4月22日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:NEWS

このページの先頭へ

イメージ画像