板東が「植毛」告白「経費で落ちると思った」 今日はこれを取り上げます

板東が「植毛」告白「経費で落ちると思った」
東スポWeb 11月10日(日)17時58分配信

活動再開会見で、約20年間植毛をやっていたことを告白した板東英二

個人事務所が昨年12月に名古屋国税局から約7500万円の申告漏れを指摘され、芸能活動を休止し、10日に大阪市内のホテルで活動再開会見を開いた元プロ野球選手のタレント・板東英二(73)が植毛について明かした。

国税から指摘された点を問われると、板東は「私、実は…」と同席した弁護士が話し始めようとするのをさえぎって語り始めた。

「約20年、ずっと植毛をやってまいりました。カツラは経費として落ちると聞いておりましたんで、当然、植毛も落ちると勝手に思っておりました…」

続けて「植毛は美容整形と同じだということは(国税から)言われて初めて分かった次第でございます。それが(国税との)大きな見解の違いの一つであります」と会場から失笑が漏れるのも構わず静かに語った。

この会見でみそぎが終わると思うかと聞かれた板東は「そんな毛頭も思っておりません」。もっとも“ニセモノの毛頭”だけに、果たして本心の発言かどうか…。

【関連記事】

板東英二が会見「仕事するチャンスをください」
“納税の顔“板東英二 所得隠しの手口
ホテルの「食材偽装」は氷山の一角
ヨイトマケ美輪「ヅラ疑惑」の真偽

板東英二 、
名古屋国税局 、
申告漏れ を調べる

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131110-00000025-tospoweb-ent

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年11月10日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:日記

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像