原発はすべて廃止 日本を世界一のエコ国家に

最近は否が応でも話題にあがってくる原発。

色々な評論家、学者、はては個人にいたるまで、「新エネルギーへの移行」を主張していますね。

個人的にも、原発に変わる安定したエネルギー供給は必要と思います。

もちろん、雇用もしっかりしてもらって。

今日紹介する記事は、そこのところを、うまくつついて解決策を書いてくれてます。

この記事だけみれば、一刻も早く自然エネルギーに移行したほうが・・と思いますが、

そんな簡単にいかないから、今回の事故も起こってしまったのかもしれません。

以下引用から。全部で8ページもありますので、紹介リンク先からがっつりと読んでみてください。

原発はすべて廃止し、日本を世界一のエコ国家に

復興財源を確保するとともに、財政の健全化にも着手すべき

まず一つ目として、今回の震災のために財源の確保が必要ですが、復興財源を確保しつつも、財政赤字の問題にも考慮しなければなりません。

日本は今回の震災が起こらなくとも、財政赤字はどんどん膨らんでいました。前回もお話ししましたが、震災前は徐々に景気回復の傾向が出ていたもの の、ほとんどの業界では供給過剰であり、企業は海外に進出するという国内空洞化が進んでいたのです。また高齢化も進んでいることから、財政赤字は膨らみつ つも、税収は上がらないという状況だったのです。

そこに大震災が起こりました。復興の財源を確保すべきことはいうまでもありませんが、このまま放っておけば財政は益々悪化します。2011年3月 末で924兆円まで膨れあがった国の財政赤字が1000兆円を超えるのは目前です。米格付け会社は日本国債の格付けの先行き見通しを「ネガティブ」とし、 格下げの可能性があることを示唆しています。格下げは長期金利上昇をまねき、それがさらに財政を悪化させるという悪循環に陥りかねません。

そこで、私は来年度から段階的に消費税上げを行うことを宣言するべきだと思うのです。どちらにせよ、財政再建は行わなければなりません。すでに増税の議論が始まっていますが、復興財源を確保するだけにとどめるのではなく、財政を健全化させるということも必要なのです。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110513/269800/

・・・もちろん、原発はクリーンで効率のいい発電方法と言われていますが(実際はそうでもないらしいが・・)、

常にメルトダウンという、最悪の事故がつきまとってきます。

そこまでのリスクを負って得られる電気。ちょっと考えさせられますね・・。

タグ

2011年5月15日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:エコ

このページの先頭へ

イメージ画像